SSブログ

葬儀を終えて [日記・雑感]


スポンサードリンク

家族を亡くすということは、本当にこたえるものです・・・・・

母が亡くなったのは書類上4月10日(火)午前11時でしたが、実際のところは
その5分から10分前でした。

幸い、母の最期は穏やかなものでした。
透明な酸素マスクのなかで、声にならない声で二言三言つぶやくと
そのまま眠るように亡くなりました。

父親を亡くしたときにも大きな喪失感を感じましたが、母親はさらに
格別でした・・・・・・

月並みな話ですが、母は本当にわたしと妹二人の子どもを本当に大切に
育ててくれました。
決して豊かとは言えない生活でしたが、勉強のために必要な書籍や学用品
だけは惜しみなくいつも買ってくれました。

忙しい中でも、わたしたちの健康にはいつも気を配ってくれました。

ここ2ヶ月ほど、わたしは母が入院している病院に毎日通っていました。
症状が重くなるにつれ、会話もだんだん途切れがちになっていきました。

しかし、帰り際には
「ちゃんとご飯は食べているか」
「寒いから、風邪を引かないように気をつけなさい」
と、必ずわたしに声をかけるのでした。

自分は死にかけているというのに、自分のことよりわたしのことを気にかけている。
それに比べて、わたしはいったいどれほど母を大切にできただろうか・・・・・・
夜中にふと目覚めると、恥ずかしさのあまり思わず身もだえしてしまいます。

前回、グリーフワークを意図的にやろうなどと考えましたが、そんな小賢しい
たくらみは雲散霧消しました。

心が必要とするだけ、きちんと悲しみに向き合う。
その思いに正対して、かみしめる。
それがもっとも適切な態度なのだと思い知らされました。
うまいやり方など存在しないのでしょう。

借り物ではない、素のままの自分自身で向かい合う以外に、ない。

知識や学習、訓練など役に立たないというのは、考えてみれば
おそろしいことです。
しかし、人生にはその種の問題があると覚悟するしかない。

新しい課題が突きつけられたと思っています。

nice!(3) 

nice! 3

Facebook コメント

思うこと友からの便り ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。